マツダ車ユーザーによる自動車保険のお話

マツダ新型ロータリークーペ&新型7人乗りsuv。

 

前回以上の人手でにぎわうことは確実だろう。

 

rxーvisionは市販化に向けて超進化。

 

スカイアクティブ戦略の成功で、現在最も勢いがある国産メーカーとなったマツダ。

 

しかし、そんなマツダにも、まだ一つだけかけているパズルのピースがある。

 

それがロータリーエンジンだ。

 

前回の東京モーターショーに、ローターリーエンジン搭載のコンセプトモデル「RXビジョン」を出典。

 

マツダはローターリーをあきらめていないんだ、とファンを喜ばせたものの、その後は大きな変化は伝わってこない。

 

しかし、2017年はマツダのロータリーにとって50周年という特別な年。

 

このタイミングに合わせて、マツダは新しいロータリーエンジンを提案してくる。

 

ボディサイズなどの詳細はまだ不明だが、全長は前回のアールエックスビジョンよりもかなり短くなるのは間違いない。

 

アールエックスビジョンはスタイルこそ良かったものの、コンパクトさを売りにするローターリーエンジン搭載のわりにはノーズが長過ぎるのだ。

 

また、サスペンションストロークに関しても、より現実的な数値を確保するためフェンダーの部分が高くなり、全体的にかたまり感と凝縮感が増えたデザインとなる。

 

そのボディに収まるエンジンはスカイアクティブrと呼ばれる次世代のロータリー。

 

07年にはやはり次世代型ロータリーとして発売された16xとは別物とされるこのユニットが新型ロータリーモデルの心臓となる。

 

ただ、その先については、まだ不透明な状態。

 

マツダは電動化を進めると明言しているため、どこかにモーターが使われるのは間違いないが、それがモーターでかきゅうがかからない低回転域を補う電動ターボのことなのか、それともミッションとの間にモーターを挟み込んだハイブリッドなのかが不明なのだ。

 

出力的には、350psほどと見られ、gtーr、nsxといったハイパースポーツ勢にはおよばないが、軽量なエンジンとマツダが標榜する人馬一体のコンセプトにより、その走りは凄まじく気持ちの良いものとなるだろう。

 

前回以上に多くの人でにぎわいそうなマツダブース。

 

そのショーの主役となりそうだ。

 

気になる市販開始はマツダ100周年にあたる2020年で、価格は500万から600万円級が予想される。

 

RX-VISION2

 

気負いすぎずにスタイリッシュ。

 

最近のマツダの高いデザイン力がすみずみまで発揮された色気のあるリアビュー

 

マツダ車の自動車保険

 

新型で気になるのは、自動車保険の料金ですよね。

 

車両保険をつけるかどうかでも違いますが、5から10万円前後になります。

 

CX-6

 

CX-5ベースとはいえ、全長がのびたことで、より優雅な印象を与える外観。

 

インパネ回りなどの内装は以前から大きく子割ることはない。

 

大きなボディを持つcx-9だが、同じような室内の空間となるはずだ。

 

ミニバンからの撤退を表明したマツダが、3列シー0とを求めるユーザーの声に答えるべく投入するのがCX-6である。

 

ベースはCX-5でbごでぃさいずもほぼ同等ながら、3列シートかに伴って、全長は4700mmにまで伸ばされる。

 

cx-5がベースとなるため、搭載エンジンも同一。

 

すなわち、2リットルと2.5リットルのガソリン、2.2リットルディーゼルターボの3種類だ。

 

高いレベルの安全装備も魅力で、全車速対応のクルーズコントロール「mrcc」装備グレードも用意される。

 

気になる価格帯は300万円前後。

 

2017年秋市販開始予定だ。